ウエディングプランナーのご紹介

フリーランスウエディングプランナー・山内弘毅

フリーランスウエディングプランナー 山内弘毅

山内弘毅 プロフィール Yamauchi koki
フリーランスウエディングプランナー (フリーランス)

20年前、神戸のブライダル特化型ホテルに入社。 ブライダルサービス、キャプテン、ホテル企画室で活動。

震災後 大阪に拠点を移す。 ビジネスホテル支配人稼働率30%を平均80%まで立て直す。 オーナーの意向に従いブライダル事業も立ち上げる。

ウエディングスクール講師として後輩指導。

アンビエント堂島ホテル 料飲統括マネージャー レストラン・バー・婚礼予約課を兼務。

2005年 欧米型フリーランス ブライダルプロデュースRePlanning起業独立。

  • ウエディングプランナーになったきっかけは?
  • ウエディングプランナーのやりがい
  • 普段、心がけていること
  • 最後に一言

1.ウエディングプランナーになったきっかけは?

私は元々、ホテルの営業マンでした。そこで初めて結婚式を見て、感動して泣いてしまったんです。その出会いが、「ブライダルは楽しい」と感じたすべての始まりですね。

その後営業から企画に移り、ホテルの社長からの「ブライダルを事業として取り入れたい」という希望もあって、本格的にブライダル業務に力を入れていきました。それからさまざまな新郎新婦さまの門出を支えることになるのですが、そのうち「もっとお客様に感動・サプライズを提供したい」という思いがつのって、マンツーマンでプランをつくりあげることのできる「独立」という道を選んだのです。

私自身、「サプライズが好き」という性格もあるので、今の仕事は天職じゃないかなと思ってますね(笑)。

2.ウエディングプランナーのやりがい

当日、新郎新婦のおふたりや、ご両親から「ありがとう」のお言葉をいただくことが非常にうれしく、「この仕事をやっててよかったな」としみじみ感じます。正直、生活リズムを崩すような仕事でもあるのですが、こうしたお言葉をいただくと、そんな気持ちが吹っ飛ぶくらいやりがいを感じますね。

またうれしいことに、新郎新婦さまのご兄弟やご姉妹、ご友人などの紹介が多く、それもとてもやりがいに感じます。今後も、オリジナリティあふれるウエディングづくりに努め、「山内さんがなんとかしてくれる」そう言っていただけるような信頼を築き、より多くの幸せをプロデュースしていきたいですね。

3.普段、心がけていること

なにより身体が資本ですから、おふたりの幸せに最善の提案を差し上げるためにも、日々の健康にはとても気を付けていますよ。

あとはしっかり流行を知ること。アンテナは常にはりめぐらしています(笑)。伝統的なしきたりはもちろんですが、今のニーズを汲み取っておくことで、式場やBGM、衣装にいたるまで、最適な提案ができるんですね。日々勉強です。

4.最後に一言

ホームページをご覧いただいているみなさん、ありがとうございます。なにかご希望やお悩みがありましたら、どんな些細なことでもご相談ください。最近では金銭面や家庭の状況などで「挙式だけの人」「挙式をあきらめてしまった人」が増えていますが、私は「結婚式は人生のふしめであり、けじめとして行うべき大切な出発点」だと考えています。さまざまな障害があっても一緒に考えれば、きっといいアイデアが見つかり、すてきな式を実現できるはず。おふたりにとってベストな挙式をご提案させていただきますので、どうぞ一度ご相談ください。

おふたりの素晴らしい笑顔を見るのが私の務めであり最高の喜びです。みなさんからのご相談を心よりお待ちしています。

  • RePlanningが選ばれる理由はコチラ
  • いつでもどこでも打ち合わせOK! 理想のウエディングを実現します! お問い合わせはコチラ